日本代表は31日、アジアカップ2023のラウンド16でバーレーンと対戦し、3-1で勝利。9大会連続の準々決勝進出を決めた。

グループステージ最終節から中6日で迎えたラウンド16。森保一監督は前のインドネシア戦をベースにしたスタメンを起用した。

GKは4試合連続で鈴木彩艶。DFラインは右から毎熊晟矢、板倉滉、冨安健洋、中山雄太と並んだ。

中盤はアンカー気味に遠藤航が立ち、左に旗手怜央、右でトップ下気味に久保建英。2列目は右に堂安律、左に中村敬斗が入り、1トップは上田綺世が務めた。

対するバーレーンはベーシックな4-3-3(4-1-4-1)。ボールを持つことを恐れず、日本が前から行けばロングボールを蹴り込むというスタイルを選択した。

スコアが動いたのは31分、この試合よくボールが入っていた左サイドから遠藤を経由して、中央でフリーの毎熊へ。セレッソ大阪の攻撃的サイドバックが右足を振り抜くと、ボールは強烈に左ゴールポストを叩いた。

惜しくも直接ゴールにはならなかったものの、いち早くこぼれ球に反応した堂安が冷静にフィニッシュ。10番の待望の今大会初ゴールで日本が無理をすることなく先制点を奪うことに成功した。

日本は36分に旗手が右のふくらはぎを痛め、守田英正と交代するアクシデントはあったが、そのまま1点をリードして試合を折り返す。

後半も早々の49分、久保が高い位置でボールを奪うと、そのパスは上田と堂安が決めきれず。しかし相手のクリアミスが久保に渡り、ターンからゴール右隅へシュートを放った。

一度はオフサイドと判定されたものの、VARの結果久保のゴールに。久保もこれが今大会初ゴールとなった。

バーレーンは64分、左コーナーキックからフリーでヘディングシュート。鈴木が好守で防ぐが、落ちてきたボールに対して上田と交錯してしまい、結果的にオウンゴールとなってしまった。

嫌な展開となった日本。しかし流れを変えたのは今大会ここまで3得点のエースストライカーだった。

72分、毎熊のパスから上田がうまいターンで抜け出し、角度のないところから右足を一閃。GKの股を抜く強烈弾で再びバーレーンを突き放す。

日本は3点目の直前から三笘薫が今大会初出場。一発から相手に仕掛けると徐々にリズムをつかみ、85分にはカウンターからのドリブル突破で同じく途中出場の浅野拓磨に惜しいパスを送るシーンもあった。

町田浩樹を投入した80分から3バックにした日本は、2点のリードを危なげなく守り切って勝利。アジアカップ9大会連続の準々決勝進出を決めている。

三笘に久保!川崎市出身のサッカー選手「最強の5人」

日本の次戦は今週末の2月3日(土)。本日このあと行われるイラン対シリアの勝者と対戦する。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名