インドネシアを撃破し、グループ2位でアジアカップ2023のラウンド16に進出した日本代表。中6日としばらくのインターバルが空いたあと、31日にバーレーンとの試合を迎えることになった。

キックオフから日本はなかなかバーレーンに対してペースを掴むことができず、いくつかのチャンスを作りながらも圧倒する状況にまでは持ち込めない時間が続く。

0-0のスコアが続く中、現地でレポートをしている佐藤寿人、そしてスタジオ解説の小野伸二と水沼貴史は以下のように話していた。

佐藤「さきほど久保建英のスペースへのランニングがありましたけど、ここまでは少し足元にボールを求めて引いてくる動きが多いように見えます。もう少しスペースに出て行ってもいいのかなと思います」

小野「そうですね、二列目の選手が上田綺世選手を追い越して行けば、そこに相手の選手がついてきて勝手にスペースができてくるというところも含めてのことだと思いますけど」

水沼「受け手になったほうがいいということだと思いますね。出し手ばかりではやっぱり『怖くない』ので。

彼が効くことによって、周りの選手たちも逆にその後ろから出し手に変わることもできるし、スペースの方も生きるかなという気がしましたね」

【関連記事】日本代表が「バーレーンに最後に負けた試合」スタメンはこの11人

久保建英が序盤からボールをよく持っていたものの、そこからなかなか大きな脅威になるまでの怖さがなかった日本代表。

現地で見ている佐藤寿人はむしろ久保建英がスペースへと走り出すことで周りのパスを引き出す動きをしたほうがいいのではないか…と感じたようだ。

なお、日本代表はその解説のあとの31分に毎熊晟矢のミドルシュートから堂安律が先制点を決め、1-0とリードしてハーフタイムを迎えている。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名