インドネシアを撃破し、グループ2位でアジアカップ2023のラウンド16に進出した日本代表。中6日としばらくのインターバルが空いたあと、31日にバーレーンとの試合を迎えることになった。

そして、試合前に発表された日本代表のメンバーはGKに鈴木彩艶、DFに毎熊晟矢、板倉滉、冨安健洋、中山雄太、MFに遠藤航、旗手怜央、久保建英、堂安律、中村敬斗、FWに上田綺世という11人となった。

中盤から後方では2名が変更になったものの、前線については前の試合から変更なくバーレーン戦に向けて準備してきたことが伺えるスタメンであった。

『DAZN』のなかでアライバルインタビューに応えた森保監督は以下のように話し、この試合に向けた意識について語っていた。

「事前の予想では完全アウェイの応援に包まれるということで、非常に厳しい試合になりそうです。

ただどんな試合になったとしても自分たちが主体だということを忘れずに、アグレッシブに、そして我慢強く試合の状況に合わせて、思い切って戦ってもらいたいと思います。

あとは、やはりこの舞台でたくさんのサポーターの中でプレーできるということは、サッカー選手としては幸せなものだと思います。この厳しい中でも勝っていけるように、ベストを尽くしたいです。

(前線はメンバーを変えていませんが)ゴールを期待したいですし、連携や連動の点では連戦でやれているぶん仕上がっていると思います。より多くのチャンスを作って得点につなげられるようにチャレンジしてほしいです。

大切なのは試合の中で相手のことを分析して、傾向と対策をしっかりするということ。我々が何をすべきか、そして自分たちが持っている力を100%出す、相手を上回れるように発揮していくことです。勝つためにベストを尽くします」

【関連記事】日本代表が「バーレーンに最後に負けた試合」スタメンはこの11人

ここまで強豪も敗れる波乱があったアジアカップ2023。日本代表にとっても決してバーレーンは侮るべき相手ではない。

試合は20時30分からキックオフされる予定だ。その中継映像は『DAZN』で独占放送される。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」