『Caughtoffside』は3日、「リヴァプールのサポーターグループは、なぜかバルセロナの公式ショップでチャンピオンズリーグ優勝を祝った」と報じた。

1日に行なわれたUEFAチャンピオンズリーグでトッテナムを2-0と破り、2005年以来14年ぶりの欧州制覇を成し遂げたリヴァプール。ファンももちろん感動の渦に。

そして優勝が決まった後、リヴァプールのサポーターのグループがなんとバルセロナの公式ショップを訪れて優勝を祝っていたという。それがこの映像らしい…。

ただただ勝利だけを祝って、そのまま何の危害も加えずに去っていくところがなんともシュールである…。周りの人々ももはや笑うしかない。もちろんフィリペ・コウチーニョには「ごめんよフィリペ」と一言かけているぞ。

【関連記事】オリギだけじゃない!CL決勝の「意外な選手によるゴール」5選

そういえばコウチーニョが退団してからというもの、リヴァプールは2年連続でチャンピオンズリーグ決勝に進出。プレミアリーグでも優勝を最後まで争っており、むしろ入れ替わりで獲得したファン・ダイクの価値が強調されるようになっている。