春の訪れも終わりを告げた今日この頃、皆様いかがお過ごしだろうか。季節はいよいよ夏。ロシアW杯に向け日本代表が動き出すと同時にJリーグ(J1)も中断期間に突入した。

Jリーグのない週末、Jリーグのない日常。私もそうなのだが、既にどこかヤキモキした感情を抱えながら日々を過ごしている。またJ2・J3のサポーターの方々は現状のチームに満足していない方も少なくないと思われる。

そんな時期に我々の心を躍らせてくれるもの、それは「選手の補強」だ。

というわけで、今年も「Jリーグにやって来るかもしれない外国籍選手・2018夏」と題して独自にピックアップした選手11人を紹介したい。

ちなみに昨年投稿した「Jリーグにやって来るかもしれない外国人選手・2017夏」ではジェイ(札幌)とチャン・ヒョンス(FC東京)を的中。また約半年後の今オフにブルーノ・メネゲウ(新潟)がやって来た。

今回も従来のスタンスを変えず、“やって来そうなオーラ”のある選手ばかりをセレクトしたつもりである。

先日にはスペインの超名門、FCバルセロナで長らく活躍したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)がヴィッセル神戸に加入。ビッグネームのさらなる移籍に胸が高まるところだが、各クラブにおける夏の市場は比較的「即戦力」を求める傾向がある。

そのため今回の前半部分はJリーグで活躍した経験のある・また個の能力においてすぐにでもJリーグで活躍できそうな選手を中心にセレクトしてみた。後半は即戦力とはいかないまでも、獲得できるチャンスのあるアジアの有望タレントを中心にピックアップした。

それでは選びに選び抜いた総勢11名。ぜひご覧ください。

レロイ・ジョージ

レロイ・ジョージ

Leroy George
国籍:オランダ
ポジション:FW
年齢:31歳
所属:メルボルン・ヴィクトリー /AUS

攻撃的なポジションならどこでもこなせる左利きのアタッカー。プレースタイルとしては浦和のキュラソー代表FWクエンティン・マルティノス(27)に得点力を足したような感じで、経験に裏打ちされた鋭い得点感覚を持つ。クリスティアーノ・ロナウドばりのフォームから繰り出される無回転FKも大きな武器だ。

オランダ国内クラブを渡り歩き、2013年からは“コーカサスのバルセロナ”の愛称で知られるアゼルバイジャン・プレミアリーグのカラバフFKへ移籍。クラブのリーグ2連覇に貢献した。その後トルコのクラブを経て昨シーズンからAリーグの強豪メルボルン・ヴィクトリーへ加入。1年目ながら攻撃陣の中核を担い、高いパフォーマンスを披露した。

ジョージに関してはオーストラリア国内メディアから「日本からオファーが届いており、近日中に決断するようだ」とのニュースが報じられている。ヴィクトリー側としては何とか引き留めたいところだが、現在のジョージとヴィクトリーとの契約はAリーグが導入しているサラリーキャップ制度(年俸上限制度)範囲内の契約であり、ジョージ・サイドは給料のアップを求めているとのこと。

ジョージには既に同リーグのメルボルン・シティFC、ニューカッスル・ジェッツ、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズらがこぞって獲得オファーを提示したものの、いずれもジョージを満足させる額のオファーではなかったようだ。

彼の代理人はかつて千葉、清水で活躍したエディ・ボスナー氏(38)。日本との繋がりは深く、Jへやって来る可能性は大いにあるだろう。

【Jに来るかも知れない度】★★★★★
【Jで活躍するかもしれない度】★★★