もうすぐ3月も終わり、4月が迫る今日この頃、皆さんいかがお過ごしだろうか。

春という季節はどちらかというと爽やかなイメージを連想しがちである。受験や就活を終え、桜が舞い散る中で期待に胸を膨らませながら新たなスタートを切る。「楽しみだ!」「頑張るぞ!」そんなウキウキした人々が街やSNS上にウヨウヨしている光景が多く見られる時期だ。

ただ、皆がウキウキした気分ではない。受験や就活で満足した結果が得られなかった人々は挫折感でいっぱいの中で春を迎えることになる。彼らにとって春は期待や希望のない状態でスタートを切らざるを得ない「残酷な季節」といえるだろう。

実は私も「残酷な春」を体感したひとりである。当時は周りが期待と希望に満ち溢れている中、ひとりネガティブな思いに耽っていた。

しかしそんな挫折や困難を克服し、地に足を踏みしめながら生きている人は決して少なくない。

愛媛FCジュニアユースの入団テストに落ち、高校、大学サッカーを経由して日本代表まで上り詰めたDF長友佑都(31・ガラタサライ)や、ガンバ大阪ユースへの昇格が見送られた中、高校サッカーからスターダムへのし上がった日本代表FW本田圭佑(31・パチューカ)など、花形サッカー選手でも皆が俗に言う「エリートコース」上がりではないのだ。

長友佑都

現在トルコ1部リーグの名門ガラタサライでレギュラーとして活躍する長友。中学進学時に愛媛FCのアカデミーの入団試験に落ちた経歴を持つが、そこから這い上がり、今では世界的なサッカー選手となった。

今回は彼らの他に「挫折・困難から這い上がったサッカー選手」を何人か紹介したい。今自分の将来に悩んでいる方は気持ちの整理がつかないかもしれないが、この記事を読んで少しでも前向きになれたら幸いである。