伊東純也と中村敬斗が所属していることで知られるスタッド・ランス。フランス・リーグアンで現在8位という成績となっている。

その指揮官を務めているのがイングランド出身の若手監督ウィル・スティール。フットボール・マネージャーというゲームのプレーヤーからコーチに転身したという31歳で、今もUEFAのプロライセンスを所有していないためクラブが毎試合罰金を支払い続けているという異例の人物だ。

スタッド・ランスでは当初アシスタントコーチを務めていたものの、2022年10月にオスカル・ガルシア前監督が解任されたことを受けて30歳で暫定指揮官に就任。それから5試合連続無敗を続けたことから正式な監督として雇われることになった。

それから1年半を指揮して成績は56試合で23勝16分け17敗。得失点差は+16と安定した成績を残しており、予算が限られる中でリーグアンの上位を狙えるチームを構築している。

その手腕の評価は急速に高まっており、昨年12月にはイングランドの名門サンダーランドが彼の引き抜きを狙っていると報道されていた。

ウィル・スティールは今回『The Athletic』のインタビューで以下のように話し、サンダーランドからのオファーには興味があったと明かしている。

「興味はあった。それについて嘘をつくつもりはないよ。オープンで、そして正直でありたいし、常にそうしてきたと思う。我々は関心を受けていた。交渉をしたがっていた。それが現実の状況だった。

それは実現することはなかったが、いつか戻りたい思いはある。私はこれまでずっと国外で働いていて、慣れたところとは全く違う環境にいた。そして、ただ故郷へと帰りたいということだよ。

野心的で、正しい方法で物事に取り組んでいて、全てにおいてオープンかつ正直で、目標に到達するために真剣な努力を行うことを望んでいるイングランド2部のクラブがあるのなら、私はそこで仕事をしたい。

間違いなくプレミアリーグは世界中の監督にとって究極の夢の舞台だ。ただ、私はそれに向けて焦ることはない。キャリアプランも立てたことはない。タイミングをなにかに合わせたこともない。ただチャンスを待っているだけだ」

ナメんなよ!「プロ選手経験なしでも最強の素人監督」10名

今年はスタッド・ランスに残ることになったウィル・スティール監督であるが、報道では「冬の移籍マーケットで選手を放出したことによってクラブとの緊張が高まっている」とも言われている。

2024年夏にはおよそ600万ユーロ(およそ9.7億円)の契約解除条項が活性化されるとも伝えられており、「故郷」のビッグクラブからの誘いも予想されている。

【厳選Qoly】クロースだけじゃない「好調期に引退宣言した」7名のスター選手

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら