元日本代表DFの田中マルクス闘莉王は、自身が運営するYoutubeチャンネル「闘莉王TV」を更新。

今回は2月3日に行われたアジアカップ準々決勝の日本代表対イラン代表の試合を振り返って採点を行う内容。

日本代表は先制しながらも1-2と逆転負けすることになり、ベスト8という屈辱の結果でアジアカップを早期に去らなければならなくなった。

闘莉王はイラン戦でプレーしたGK鈴木彩艶選手について「4.5点」と評価し、以下のように話していた。

「鈴木彩艶選手は4.5点。少し気になったところがあります。

ロングスローというのは2回くらいされれば大体のポジショニングが決まるんですよね。同じ人が投げれば、同じようなところに飛んでくる。ライナー性なのか山なりなのかもわかる。

もしかしてロングスローにあと2~3歩前のポジショニングを取れたのかなと。スタートの位置がすこし低いかなと思います。もしかしたらスタッフの指示があったのかもしれないですけど。

技術的なクオリティはある選手ですよ。ポテンシャルはとても高い。ただ流れが来ていないというところが残念。

これも経験不足ですよ。浦和時代からポジションを勝ち取ってきていない。本当は多くの経験をした上で来なきゃいけない場所。日本代表に至るまでの道があるわけです。色んな苦労や経験をして、山あり谷ありの生活の中で。

いきなりそのプロセスを飛ばしてしまうと、どこかで返しが来てしまう。そこがまだ足りていない。

代表というのは経験を積むところじゃない。自分のチームで経験をして、日本代表ではかならず成果を出さなければいけない。

この最後の試合が一番無難にやれましたが、これまでが悪すぎたから、少し良くなっただけでよく見える。それは良いことじゃないんでね。

普通のプレーがヒドすぎたので。やっぱり日本のゴールキーパーはまだまだ不足しているのかなと思います。

今後の課題は、みんなに安心させること。大丈夫だ、ミスはしないよと。周りから信頼されていないと思う。選手にも、サポーターにも、コーチングスタッフにも。

信頼を勝ち取ることが一番大事です。安定しないとなんだかドキドキするんだよね。それがあると良くないです」

日本代表、アジアカップで評価を下げてしまった5名の選手

鈴木彩艶は非常に高い技術とポテンシャルを持っている一方で、まだ真っ向勝負でポジションを勝ち取ったことがない…とのこと。

日本代表は勝負の経験を積んだ成果を出す場所であり、そのようなプロセスを踏んでいないとツケを支払うことになるという。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名