元日本代表DFの田中マルクス闘莉王は、1日に自身が運営しているYoutube「闘莉王TV」を更新。先日行われた日本代表対バーレーン代表の試合の採点を行っていた。

日本代表はバーレーンを相手に3-1と勝利を収めたものの、GKを務めている鈴木彩艶が再び不安定なプレーを見せ、オウンゴールで1失点を喫してしまった。

それについて闘莉王は鈴木彩艶の採点を「0点にしたいけど2点」と話し、その理由について以下のように語っていた。

「今日はワーストが二人いる。その一人が鈴木彩艶。

失点の場面は、まず最初のパンチングは両手で行くべき。そこを片手で行ってしまった。それが中にこぼれた。そしてコーナーキックになった。

そしてヘディングに対して、キャッチできないのであればちゃんとコーナーキックに流せ。これが2つ目のミス。

キーパーは1回のミスで失点してしまうもの。もう1回神様がチャンスを与えてくれた。なのに、その後はパンチングしなければならなかったところをキャッチしに行った。

3回のミス。キーパーでそれはあり得ないことです。がっかりです。だから1回休ませなければダメです。

簡単なパンチングの場面は、両手でしっかり面を作って弾く。片手では面積が狭いわけですよ。そして飛ばしすぎる必要もない。ペナルティエリアの外に流すくらいでいい。余計なことをしようとしてミスが続いている。

キーパーはいいところを見せなくていいんです。当たり前を当たり前にこなせればいいんですよ。

そして最後はパンチングして流せばいいところをキャッチに行って、オウンゴールになってしまった。ありがた迷惑だよ。上田綺世はとばっちりです。

ハッキリ忖度無しで言えば、下田さん(GKコーチ)が悪い。これで変えないならばセカンドキーパーに自信がないということ。じゃあなぜ連れてきたのか。

例えば前川黛也が同じようなミスで失点に絡んだらどうなっていたか。何度もミスをしていたらどうだったか。代えていたでしょう。鈴木彩艶と立場が逆だったら。

それはおかしいです。下田さんが代えないのなら、森保監督が『あなたのことは信頼しているけど、オレにも立場がある』と言わなければいけない」

【関連記事】森保監督は「変な頑固さで余計なことをしている」闘莉王が見たベトナム戦の指揮の問題点

コーナーキックにしてしまった場面から3回のミスを連続することはゴールキーパーとしてあり得ないと話し、鈴木彩艶はひとつひとつのプレーで余計なことをしていると指摘した。

また、彼を起用し続けていることについて下田コーチや森保監督の選択に疑問を呈し、ゴールキーパー3人が不公平な扱いをされているとも示唆していた。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名