UAEで開幕したAFCアジアカップ。大陸王者を決める4年に一度の大会だ。

ここでは、『sportskeeda』による「今大会で注目すべき5人の守護神」を見てみよう。

マシュー・ライアン(オーストラリア代表)

マシュー・ライアン

ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン所属

彼は今大会において最も有名かつ経験あるGKのはずだ。2012年に代表デビューした後、正GKの座にまで上り詰めた。

セントラルコースト・マリナーズでは当初控えだったが、正GKジェス・ファンストラータンの靭帯損傷で巡ってきたチャンスを掴み取る。チームは優勝を逃すも、彼自身は大会MVPを受賞する活躍を見せた。

その後、国内タイトルとファンからの賞賛を勝ち取り、ベルギーへと移籍すると、クルブ・ブルッヘではリーグ屈指のGKへ成長。

バレンシアでは怪我もあり本領を発揮できなかったが、2017年にクラブ史上最高額でブライトンに引き抜かれる。最初の数試合は苦しんだが、その後パフォーマンスを改善し、落ち着きを取り戻した。

今ではクラブでも揺るぎない正守護神となっており、マンチェスター・ユナイテッドなどのビッグクラブからの関心が伝えられている。

昨年のワールドカップは失意に終わったが、そのシュートストップとPKセーブは今大会で見るべきものだ。