『プレナスなでしこリーグ』は1部も2部も佳境に入った。

今季のなでしこ1部は、前半戦終了時こそリーグ3連覇中の日テレ・ベレーザが首位に立ったものの、4位までの勝点が2ポイント差という大混戦。女子サッカーリーグ創設30年目という節目に相応しく、激しい順位変動の起こる様相だった。

しかし、7月に開催された『プレナスなでしこリーグカップ1部』の決勝には、お馴染みの“2強”ベレーザとINAC神戸レオネッサが進出。1-0でベレーザが勝利し、今季1冠目を手にしたのだが、9月から再開されたリーグ後半戦も2強がその他のチームとの差を拡げている。

特に第6節までに2分1敗を喫していた「女王」ベレーザは、第7節から現在までリーグ6連勝中。3年連続でリーグMVPに選出されている現なでしこジャパンの司令塔MF阪口夢穂が怪我での長期離脱を強いられながらも、リーグカップを制し、リーグではINAC神戸と勝点3差で4連覇に向けて走り始めている。

そんな今季のベレーザが序盤戦に躓いていたのは、リーグ3連覇を達成した森栄次監督が退任した影響があったのだろう。永田雅人新監督が持ち込んだ新システム<4-3-3>により、従来のポゼッションサッカーに両サイドのウイングを活かしたサイド攻撃をミックスさせることに戸惑っていた印象だった。

日テレ・ベレーザ

近年のベレーザは、先制点を奪ってからはラインを引いて相手チームを自陣に招き、前掛かりになる相手の裏を突いたカウンターで追加点を奪う狡猾な戦いぶりに特徴があった。

Jリーグで言えば鹿島アントラーズのようなサッカーを見せていたのだが、今季は相手陣内に押し込み続けることを目指しているようだ。