【2018プレナスなでしこリーグ2部第9節】

開催日:2018年6月3日(日曜)13:00 KICK OFF 観客動員: 569人

会 場: 上野運動公園競技場(三重県)

伊賀FCくノ一 3-0 ちふれASエルフェン埼玉

【得点者】下條(42分)、小川(57分、PK)、杉田(65分)

クラブ創設40年を越える名門・伊賀フットボールクラブくノ一

伊賀フットボールクラブくノ一

1976年に現在も拠点を置く三重県上野市(現・伊賀市)で「伊賀上野くノ一サッカークラブ」として創設され、今年でクラブ創設42年目を迎えている女子サッカーリーグの名門・伊賀フットボールクラブくノ一。1989年に始まった『第1回日本女子サッカーリーグ』からリーグに参戦しているオリジナルメンバーでもある。

特に精肉メーカーがスポンサーとなった、「プリマハムFCくノ一」時代(1988~1999年)には、当時の女子サッカーの最高峰リーグ『Lリーグ』で2度のリーグ優勝も飾った強豪クラブだった。

2000年に現在の名称「伊賀フットボールクラブくノ一」となったものの、2006年に再編された「なでしこリーグ」参戦後は2部への降格も経験するなど、現在の伊賀は“古豪”に過ぎない位置付けである。

そして、昨季『プレナスなでしこリーグ1部』で最下位に終わり、2部へ自動降格。“なでしこレジェンド”野田朱美前監督が掲げたポゼッションサッカーでは結果を残せず、なでしこジャパンに定着し始めたMF櫨まどか(現・マイナビベガルタ仙台レディース)を筆頭に、主力選手の多くがチームを離れた。

しかし、1年での1部復帰を目指し、2010年から2012年シーズンまで伊賀で3年間の指揮を執った大嶽直人氏が新監督に就任。新たなスタイルを標榜し、前半戦折り返し時点となる今節を首位で迎え、1部復帰後をも見据えたチーム作りを進めている。

一方のちふれASエルフェン埼玉~「昇格請負人」伊藤&荒川が3度目の加入

この日の伊賀が対戦相手に迎えたのは、ちふれASエルフェン埼玉。昨季1部9位となり、入替戦でセレッソ大阪堺レディースに敗れて、伊賀と共に2部へ降格して来たチームだ。

とはいえ、伊賀と対照的なのはチーム生え抜き12年目の元日本代表MF薊理絵を始めとする1部を戦った主力がほぼ残留していること。

荒川恵理子

そのうえで「昇格請負人」の元日本代表コンビ=MF伊藤香菜子とFW荒川恵理子(上記写真)が共に2013~2014年、2016年に続き、3度目の加入。

特に司令塔の伊藤は昨季のなでしこ2部でMVPを受賞しており、所属していた日体大FIELDS横浜の悲願の1部初昇格に大きく貢献。34歳となった現在でもその実力は健在だ。

全盛期は「ボンバー」で鳴らした荒川も、38歳となった現在は安定したポストプレーでクレバーさを見せ、前線で確かな基準点となっている。