日本代表のハリルホジッチ前監督が解任され、西野朗新指揮官が就任した。田嶋会長は「日本らしいサッカー」を強調し、ガーナ戦ではよりパス回しをしようという意思が見られた。

再び、ポゼッションかカウンターか…という議論が高まる中、なでしこリーグ2部では「現代的なパスサッカー」を標榜した2チームが直接対決していた。バニーズ京都SCと、ASハリマアルビオンだ。

その試合はどのような展開になり、なにが勝負を分けたのか?コラムニストのhirobrown氏が読み解く。

試行錯誤が続くバニーズ、現実を見据え始めたハリマ

今季から『プレナスなでしこリーグ2部』に昇格してきたバニーズ京都SC。

敵地で迎えた開幕戦でちふれASエルフェン埼玉を撃破した。しかし、昨季なでしこリーグ1部を戦っていたチームを相手に金星をあげて以降、勝利から見放されている。

ここまで7試合で1勝2分4敗の勝点5。10チーム中9位に沈んでいる。前節・最下位の岡山湯郷Belle相手に敵地でスコアレスドローを演じたことで、最下位転落と3連敗を止めたものの、これで無得点が4試合続いた。特に7試合消化した時点でFW陣に1つもゴールがないのが危惧される。

バニーズを率いる千本哲也監督もその点は十分に心得ているはずで、自慢だったはずの快速3トップのポジションをアレンジしたり、先発からも外す試行錯誤を始めている。

この日は、前節ベンチスタートだったFW佐藤莉奈が1トップ気味で先発復帰した。逆に西川樹と吉田早紀がベンチスタートとなり、前節に続いてチーム最古参のFW花﨑玲奈が先発。右ウイングには初スタメンの仙石來夢が抜擢された。

酒井望 バニーズ京都SC

なお、試合開始前には前節なでしこリーグ通算100試合出場を達成したDF酒井望(上記写真)に花束が渡されるセレモニーも。

「100試合目が岡山湯郷Belle、今日がASハリマアルビオンと、自分が所属していたチームを相手に節目を迎えられることに感謝しています。サッカーを続けられている喜びを両チームのファン・サポーターに見てもらうために全力でプレーします!勝つのはこっちですけどね(笑)」

と酒井望はキックオフ前の会場を盛り上げた。

相手となったASハリマアルビオンは現在8位。昨季までの主力DFが引退を含めて全員退団したピンチをキッカケとして、今季はカウンター主体のサッカーからポゼッションへの転換を図っている。改革真最中のチームだ。

昨年途中まで日本代表に定着していたMF千葉園子を筆頭に、葛馬史奈や内田美鈴という個人で局面を打開できるアタッカーが揃う中、ポゼッションとカウンターという「理想」と「現実」の狭間で揺れながらも奮闘している。