先日行われたオランダ・エールディビジ第6節、フェイエノールト対ユトレヒトの試合は話題になった。

終了間際に大ベテランのロビン・ファン・ペルシーがゴールを奪い、フェイエノールトが劇的な勝利をあげたのだ。

しかしそれ以上に動画が出回っているのが68分のスティーヴン・ベルフハイス。ユトレヒトのキャプテンを務めるヴィレム・ヤンセンに頭を触られると…。

まるで何かに襲われたかのようにピッチに倒れるベルフハイス…。

この場面はインターネット上で大きな話題になり、

「ベルフハイスがこの恐ろしいタックルから迅速に回復することを願っている」

「脳震盪の診断が必要な負傷だ。ベルフハイスは少なくとも1ヶ月はプレーさせてはいけない」

「ネイマールがこのプレーのメモを取っている」

と様々なジョークが書かれることになった。