南野拓実が所属するレッドブル・ザルツブルクとテクニカルスポンサーのNikeは18日、今季のヨーロッパリーグ(EL)で使用するカップ戦用キットを発表した。

クラブの説明では、20日に敵地で行うRBライプツィヒとのEL開幕戦から着用するという。

メインスポンサーのレッドブル社がどちらのチームにも深く関わっていることから、この一戦は「レッドブル・ダービー」として注目を集めている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Red Bull Salzburg 2018-19 Nike International Kit

レッドブル・ザルツブルク 2018-19 Nike EL用 ユニフォーム

濃さが異なる2色のレッドが織りなすデザイン。胸のスポンサーは国内リーグ用のようなレッドブル社のロゴマークではなく、シンプルに商品名をレタリングする。右袖には大会パッチ、左袖にはリスペクトパッチを装着。

レッドブル・ザルツブルク 2018-19 Nike EL用 ユニフォーム

背面はシンプルにレッド一色。なおザルツブルクの場合、CLやELの選手用キットには腰部分にチャリティーロゴを入れる場合がある。

レッドブル・ザルツブルク 2018-19 Nike EL用 ユニフォーム

パンツ、ソックスともに、シャツと同じディープレッドを基調にホワイトの差し色という組み合せ。