今季のリーグ戦は開幕6連勝と好スタートを切ったレッドブル・ザルツブルク。5季目を迎えた南野拓実は第6節のアドミラ戦で今季初ゴールを決めている。

その2018-19シーズンのユニフォームは、これまでには見られなかった斬新なグラフィックが注目ポイント。Nikeのテンプレートモデルとは一線を画し、個性が際立つデザインとなっている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Red Bull Salzburg 2018-19 Nike Home

レッドブル・ザルツブルク 2018-19 Nike ユニフォーム

これまで比較的シンプルなデザインが多かったザルツブルクだが、今季は大胆なグラフィックを取り入れた。当然ながら、胸にはレッドブル社のロゴマークを掲出。

レッドブル・ザルツブルク 2018-19 Nike ユニフォーム

背面はシンプルにレッドとホワイトに分かれる。袖は可動域を確保するラグランスリーブで、肩には“Red Bulls”をプリント。

レッドブル・ザルツブルク 2018-19 Nike ユニフォーム

パンツはレッド、ソックスはホワイトをそれぞれ基調とする。なおソックスに関して理由は不明だが、現時点では新モデルではなく2016-18モデルを履いている。

レッドブル・ザルツブルク 2018-19 背番号

ホームキット用の背番号はレッド。タイポグラフィは昨季からの継続使用となる。