『FourFourTwo』は8日、「ロシアワールドカップでブレイクを果たした選手たち10名」という記事を掲載した。

6月14日に開幕を迎えたワールドカップはクライマックスを迎え、決勝戦が今週末に行われる。

この大会で突如ブレイクを果たした10名の選手とは誰のことか?

10位:ヴィクトル・クローソン(スウェーデン)

ヴィクトル・クローソン スウェーデン代表

「イブラヒモヴィッチと仲間たち」ではなくなったスウェーデンは、再びチームワークの価値を証明できる存在となった。エゴイスティックなスーパースターよりも、11人の団結が強さだと。

ロシアのクラスノダールでプレーしている26歳のウインガーは、慣れ親しんだ国でのプレーで輝きを見せている。エミル・フォシュベリとともに両サイドで大きな貢献をしている。

9位:チョ・ヒョヌ(韓国)

チョ・ヒョヌ 韓国代表

韓国の守護神を務めた26歳の選手は、予選ではほぼ第3キーパーとしての役割を任されていた。しかしKリーグでの印象的なプレーから、突如ゴールマウスを守ることに。

チームはグループステージ敗退を喫するも、彼は強豪ドイツのシュートを全て防いでみせた。ヨーロッパでプレーするという夢も実現するかもしれない。