『Sportskeeda』は21日、「ワールドカップのグループステージ第1節で残念だった5名の選手」という記事を掲載した。

14日に開幕したロシア大会は、すでにグループステージ第1節が終了し、第2節も大半を消化している。

第1節で「残念だった」5名選手は、その後盛り返して来ているのかどうか?

5位:トーマス・ミュラー(ドイツ)

トーマス・ミュラー

メスト・エジル、ユリアン・ドラクスラー、ティモ・ヴェルナー。彼らはメキシコ戦でほとんど力を見せられなかった選手たちだ。

しかしもう少し驚きが大きいのは、バイエルン・ミュンヘンでとにかく安定していたはずの男だ。

ただゴールがなかっただけではなく、ボールを持ったときも危険性を感じさせず、ハードワークも十分ではなく、メキシコの守備にとっては楽な相手になっていた。

デビューしてからずっと勤勉なプレースタイルを見せてきたはずの選手がだ。