『FourFourTwo』は「クラブチームよりも代表でいいプレーをした9名の選手」という記事を掲載した。

選手は環境によって活躍が変わってくるもので、代表の方がうまくプレーできるという者も時々生まれる。

そんな珍しい9名の選手とは?

ルーカス・ポドルスキ(ドイツ)

ルーカス・ポドルスキ ドイツ

「ポルディ」はバイエルン・ミュンヘンやアーセナルにとって、それほど大きな失敗ではなかった。

クラブでのキャリアを考えれば、歴史上最高クラスの選手とは言えない。ただ、それは統計上のことだ。

多彩なアタッカーはドイツ代表で130capを記録し、ローター・マテウスとミロスラフ・クローゼに迫る3位だ。49ゴールもクローゼとゲルト・ミュラーに次ぐ数である。