昨季、UEFAチャンピオンズリーグで準優勝と躍進したリヴァプール。

だが、CL決勝戦ではGKロリス・カリウスが不安定さを露呈してしまった。

ここでは、『sportskeeda』による「リヴァプールがターゲットにしうるGKたち」を見てみよう。

ジャック・バットランド(イングランド代表/ストーク)

ジャック・バットランド

反射能力に優れ、1vs1や空中戦にも強いバットランド。

昨季プレミアリーグから降格したストークにあっても、彼は傑出していた。苦しむチームのなかでも一貫性を見せたのだ。

大部分のイングランドのGK同様、彼はパススキルや足元にはさほど優れていない。その一方で、伝統的なイングランドのGK同様に勇敢さ、空中戦の能力、ショットストップ、そしてコーチングには優れている。

リヴァプール入りにも耐えうるし、その反射能力、アジリティ、DFラインの統率で違いを生み出せる。