『Express』など各メディアは、「マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、アルメニア代表FWヘンリフ・ムヒタリャンについて語った」と報じた。

今夏4000万ユーロでボルシア・ドルトムントからやってきたムヒタリャンであるが、なかなかプレミアリーグで継続的な出場機会を得られず苦しい時間を過ごしてきた。

しかしここに来て徐々にパフォーマンスを向上させ、ついに復活。ヨーロッパリーグとトッテナム戦でゴールを決め、モウリーニョ監督の期待に応えた。

先週末は足を痛めたためにプレー続行不可能となり、ストレッチャーでピッチ外へと運ばれているが、モウリーニョ監督によれば「クリスマスには戻れる」とのことだ。

ジョゼ・モウリーニョ

「我々はムヒタリャンを買った。なぜなら、私がクラブにそれを頼んだからだ。好きな選手であったし、彼を分析していた。

したがって、もし全てが間違った方向に進めば、私にとっても大きなフラストレーションになっていた。

しかし、彼は適応のための時間を必要としていた。あらゆる段階でね。そして、それらの場面で彼は素晴らしいプロフェッショナルであった。

あのような立場になった時、他の人物であれば、言い訳をしたり、監督を憎んだり、ピッチのせいにしたり、天候を責めたり、他の何かを非難したりする。多くの選手がそうしてきた。

しかし、彼は静かだった。口を閉ざし、本当に努力していた。チャンスを待ち、今は本当にいいプレーをしているよ」

(怪我に関しては?)

「うまくいけば数試合ですむ。これは成長の終わりを意味するものではないさ。クリスマスにもプレーできるかもしれない。それが可能だと信じている。

私が彼をストレッチャーの上で見た時、もっと深刻なものかと思った。テレビでタックルを見た時、少し恐ろしかった。

残念なことだね。彼は最高の時に数試合を逃すことになった」