『FourFourTwo』は「トッテナムのベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンは、ジョゼ・モウリーニョ監督はサッカー界が求めている男だと話した」と報じた。

今夏マンチェスター・ユナイテッドの監督に就任したジョゼ・モウリーニョ氏。ズラタン・イブラヒモヴィッチやポール・ポグバなどを獲得したが、前半戦ではその力を発揮しきれずにいる。

先日のウェストハム戦では、さらに審判への抗議の意を込めてボトルを蹴り上げてしまい、1試合のベンチ入り禁止が言い渡された。

しかし、それを嘆いたのは他ならぬトッテナムのベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲン。現代サッカーにはあのような人物が必要であると語った。

ヤン・ヴェルトンゲン

「まず、ジョゼ・モウリーニョ監督は偉大なコーチだよ。そして、彼はいろいろなチームで素晴らしい物事を成し遂げてきたんだ。

彼は自分が良いコーチであること、多彩なキャラクターを持つことを見せてきた。そして、サッカー界はそれを求めているんだ。

モウリーニョは良い監督だ。そして、彼が言ったことはメディアを賑わせる。僕に影響があるか?いいや、そうでもないよ。あれは仕事の一部であり、彼は自分がやりたい方向で動いているんだ。

彼の下でプレーしたいか?モウリーニョは僕のコーチではないよ。だから、それについては答えられないね」