今季ドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したアルメニア代表MFヘンリフ・ムヒタリャンが、ついに新天地での初ゴールを決めた。

UEFAヨーロッパリーグ第6節、ゾリャ・ルガンスク(ウクライナ)戦の後半3分…。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

DFマルコス・ロホのカットから、いい形でボールを拾ったムヒタリャン。そのままドリブルで突き進むと、鮮やかな股抜きで突破しフィニッシュ!これはお見事。

大きな期待とは裏腹に出場機会に恵まれない時期が続いたが、ここにきてようやくフィットし始めている。

この試合に向けては「(週末の)トッテナム戦の前に勝つことができればいいものになるだろう。ユナイテッドサポーターに感謝している。彼らへのお返しは、いいプレーをしてゴールやアシストを決めることだけだ」と意気込みを口にしていたのだが、それを有言実行してみせた形だ。

この試合に2-0で勝利したユナイテッドは、グループ2位での決勝トーナメント進出を決めている。