2022年末にスペインで起こした女性に対する性的暴行によって、懲役4年半の有罪判決を受けた元ブラジル代表ダニ・アウヴェス。

控訴中の彼はついに保釈されたが、支払った保釈金は100万ユーロ(1.6億円)とされている。

アウヴェスは経済的に厳しい状況にあり、ネイマールらも今回は支援を拒否したとされていることから、どうやって金を工面したのかが注目されている。

バルセロナでアウヴェスと同僚だったオランダ代表FWメンフィス・デパイが肩代わりしたという噂が流れているものの、『Telecinco』によれば、デパイの代理人は「フェイクニュースであり、事実無根だ」と否定したという。そのうえで誤った情報を訂正すべきだとも述べていたとのこと。

“サッカー界最大の詐欺師”も…「破産した12名の有名選手」

10年服役した兄弟を持つというデパイは「バンジャマン・メンディとアウヴェスは刑事事件に巻き込まれたが、彼らが友人でなくなったということにはならない」という発言を最近のインタビューでしていた。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」