今冬のマーケットで名古屋グランパスからポーランド1部の名門レギア・ワルシャワへ移籍することになった森下龍矢。ウインターブレイクが非常に長いことからレギア・ワルシャワはトルコで長期のトレーニングキャンプを行っており、森下龍矢はそこに合流して準備を進めてきた。

そしてクラブのYoutubeやSNSで公開されているオフィシャル動画でも森下龍矢の姿はよく取り上げられており、明るいキャラクターやエネルギッシュなプレーですでに人気選手となっている。

『Super Expressem』のインタビューに応えたレギア・ワルシャワのDFアルトゥール・イェンジェイチクは以下のように話し、森下龍矢の適応力に驚いていると明かしたそう。

「彼はいつも笑顔で、とてもポジティブだ。順応するのに時間がかかる選手もいるが、彼には二日間しか必要なかったね。すでにポーランド語も使い始めているんだよ。

人間としても素晴らしいが、何よりも選手として面白い。右サイドも左サイドも、中央も10番も、様々なポジションでプレーすることができるんだ。

フィジカルはそれほど強くないが、ポーランドのディフェンダーにとっては彼のスピードは対応できないものだろう。

僕もそうだが、背が高いディフェンダーは俊敏な選手との対戦に問題を抱える可能性がある。彼がシーズンを上手くスタートできることを願っているし、そうしたら我々も彼から利益を得られるだろう」

レギア移籍の森下龍矢、いきなり人気者に!チームメイトに抱き抱えられたワケ

イェンジェイチクは今年37歳の大ベテランDFで、1月21日の「祖父の日」には森下龍矢からイジられる場面が大きな話題になった。

先週末にウィンターブレイク開けのルフ・ホジューフ戦を戦い、1-0で勝利したレギア・ワルシャワ。森下龍矢は途中出場からポーランドリーグにデビューした。15日に行われるUEFAカンファレンスリーグのモルデ戦で森下龍矢はスタメン出場できるだろうか?

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名