インドネシアを撃破し、グループ2位でアジアカップ2023のラウンド16に進出した日本代表。中6日としばらくのインターバルが空いたあと、31日にバーレーンとの試合を迎えることになった。

なかなかゴールを奪えずに苦しんだ日本代表であったが、31分に毎熊晟矢のミドルシュートがポストに当たり、こぼれ球を堂安律が押し込んで先制点を決めた。

さらに後半開始からまもなく、攻め込んだなかからアリ・ハザーが触ったボールが裏に抜けていた久保建英に渡り、そこからのシュートで追加点を奪った。

そしてその後、右サイドに上田綺世が抜けたところからのクロスを中央で守田英正が繋ぎ、左でフリーになっていた中村敬斗がシュートを決める場面も。

これは最終的に最初の上田綺世の抜け出した瞬間がオフサイドと判定されたためにノーゴールとなったが、解説を務めていた小野伸二と水沼貴史は以下のように話していた。

水沼「最終的に中村敬斗がシュートを決めた。うまいですよ、これ。簡単じゃないんですよ」

小野「どの試合を見てもそうですけど、本当に横から来るボールの対応がうまいですよね」

また、このタイミングで最前線へと顔を出し、さらにキープから左に繋いだ守田英正のプレーに対しても小野伸二は以下のように話していた。

小野「あの守田選手もすごいですね。チャンスと見たときに突破して自分で行くという判断もすごい。

僕だったらスルーしちゃいましたね。でも、そのボールを止めたあとのパスの質ですよね。『シュートを打ってください』というパスでしたから。中村選手も打ちやすかったでしょうね」

【関連記事】日本代表が「バーレーンに最後に負けた試合」スタメンはこの11人

なお、日本代表はこのあと64分にセットプレーから失点を喫して1点差に詰め寄られてしまうも、その後上田綺世が追加点を決めて3-1とリードしている。

試合は現在もDAZNで放送中だ。

【厳選Qoly】クロースだけじゃない「好調期に引退宣言した」7名のスター選手

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら