元日本代表DFの田中マルクス闘莉王が運営しているYoutubeチャンネル「闘莉王TV」は、17日に最新の動画を更新した。

今回は14日に行われたアジアカップのグループステージ第1節ベトナム戦を振り返る動画の第2弾。4-2と逆転勝利を収めた日本代表チームについて、闘莉王が格付け評価を行っていた。

そして、この試合で先発出場した守田英正については平均以下の「4点」と評価し、以下のように話していた。

「(守田選手からは)俺は厳しいですよ。ベトナムに2点取られていたらどうするんだと。まずそこが良くない。イージーミスが多い。だからみんなリズムが出てこない。

まるでキャンプ上がりのJリーグクラブみたいで、格下相手の練習試合を組んだときのようだった。

イージーミスが多すぎる。すると日本のコンパクトさが作れなくなる。自分たちの時間が少なくなる。広げようとしたときのミスが多くなると、カウンターも喰らいやすくなる。

これはもう当たり前なことなんです。それが多すぎたんです。らしくなかった。普段はそんなことはしない。でも今日はダメでした。

いくらプレッシャーがかかっていても、その中でプレーの選択がよくなかった。問題があった。どこに出したらプレッシャーがかからないのか、それを含めて少し考えなければいけなかったと思います」

日本代表、アジアカップ初戦で評価を上げた4名の選手

守田英正のポジションが低かったこと、最終ラインが上がらなかったことはよくコメントされていたが、その原因はイージーミスが多すぎたことからリズムを作れなかったためだとのこと。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名