『DAZN』で毎週木曜に更新されている「内田篤人のFOOTBALL TIME」。

今回は内田篤人がU-20日本代表のロールモデルコーチとしてアルゼンチン遠征に帯同しているため、代役として松井大輔がMCを務めた。そしてゲストにはシント=トロイデンでプレーしている日本代表GKシュミット・ダニエルが登場している。

その中で松井大輔がゴールキーパーの雰囲気や精神力について話すと、シュミット・ダニエルもそれに同意していた。

松井「GKは一番動いて、一番キツいポジション。練習前に外へと出て行って、最後まで残ってシュートを受けている。どれだけ努力するんだと。当てられても微動だにしない。精神力が違うんだろうなと」

シュミット「ドMですよね(笑)」

松井「選手が醸し出す雰囲気、キーパーってそれが年々増していかないといけない。フィールドプレーヤー以上に、その風格をかさ増しにしないと成長できないというのは感じる」

シュミット「周りから『いいキーパーだ』と言われていれば言われているほど、だんだん難しいシュートが飛んでこなくなるというか。

そういう頭の中での印象があれば、打つ時に余計なことを考えてしまうんだと思います。そのようなイメージをつけることもすごく大事です」

【関連記事】世界で話題のAI「Bard」に、Jリーグで最も偉大なゴールキーパー5人を聞いてみた

良いゴールキーパーだと思われているだけで、相手の選手がシュートを打つ時に余計なことを考えてくれる…という。それこそが「オーラ」や「雰囲気」、あるいは「当たっている」という表現に繋がっているのかもしれない。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」