2022年ワールドカップのアジア最終予選(第5節)でベトナム代表に0-1と勝利した日本代表。

ただこの試合では伊東純也が前半に先制ゴールを決めたものの、最後まで追加点を奪うことはできなかった。

試合後、得点力の課題について問われた森保一監督は「もちろん追加点が奪えたほうがいい試合だった」としたうえで、長いVAR判定の末に取り消された伊東の“幻のゴール”について語った。

森保一監督

「(取り消された伊東の)2点目はあれだけスーパーなゴール。もしかしたらレフェリーによってはオフサイドではなかったかもしれない。

レフェリーの判断は100%リスペクトしていますので判定に対していうつもりはありませんが、(取り消された)2点目は奪ったといっていい形ができていたと思います。

決定力という部分では、公式記録上の2点目を奪うチャンスはたくさんできていたので、決め切ることができていればよかったですね。」

【動画】伊東純也が決めた「幻のスーパーゴール」

日本代表は、現地時間16日(日本時間17日1時)にオマーン代表と敵地で対戦する。