先日、お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキーこと脇田寧人さんは中咽頭がんを患っていることを公表。市船時代に選手権も戦った輝かしい経歴を持つ彼にはサッカー関係者からもエールが送られている。

那須大亮さんも「ワッキーさん 応援しています」というタグをつけた「Jリーガードラフト会議」動画をYoutubeにポスト。浦和レッズDF槙野智章も交えて、Jリーガーのドラフト会議を行うという企画で3人は大いに語り合っている。

「FKのキッカーを笑わすって戦術やめて、おもしろ」

中村俊輔のフリーキックという話題ではなかなか面白い話をしていたぞ(以下動画46分00秒~)。

浦和で同僚だった2人はFKの“壁”に入る際、キッカーに「言葉のプレッシャー」を与えていたそう。

「俺らを越えて決められんのかよ、俺に当ててこい、俺を狙え」などと「キッカーにも言ってるし、ボールにも念じている」、「俺に当たれって言ったら絶対当たるんですよ」という2人の話にワッキーさんは爆笑。実際、数々のキッカーたちもこのささやき戦術に思わず笑ってしまい、シュートをミスしてしまうことが多かったとか。

ただし、俊輔だけは全く動じず、あることをしただけでまるで効かなかったそう(47分50秒~)。

【関連記事】 「キッカーも震える!サッカー史上、最も豪華な“壁”TOP7」

さすが俊輔というエピソードだ。今後はフリーキックの壁に入った際の槙野にも注目かもしれない。