稀代の天才だったロナウジーニョは獄中で40歳の誕生日を迎えた。そのロナウジーニョが若き日のネイマールと伝説的な壮絶試合をやったのを覚えているだろうか。

2011年7月に行われたブラジル全国選手権1部のサントス対フラメンゴ戦。

当時19歳だったネイマールは2つの超ゴールにバイシクルアシストなど大暴れ。一方、31歳だったロナウジーニョは天才的なフリーキックを沈めるなどハットトリックの大爆発を見せたのだ。

4-5というスコアの壮絶試合でとにかく凄かったネイマールとロナウジーニョのスーパーゴールがこれ!

えげつない超ゴールの応酬!ネイマールのバイシクルアシストは2つ目の動画1分6秒~。

まだ10代だったネイマールが決めたスーパーゴールのインパクトは凄まじく、2011年のプスカシュ賞にも選ばれている。ロナウジーニョの魔法のような低空フリーキックも負けず劣らずの圧巻ゴールだ。

ちなみに、フラメンゴの2点目を決めたのは、元Jリーガーでもあるチアゴ・ネーヴィス(2つ目の動画1分45秒~)。

なお、ハイライトのほうはゴールシーンの順序がバラバラ…。実際にはサントスが前半26分までに3点を先取するも、フラメンゴが大逆転勝ちしている。

この4-5は伝説的な試合のようで、ポルトガル語版ウィキペディアにはこの試合だけの固有ページがあるほど。