リーグアン第11節、PSV対マルセイユのフランスダービーは大差のつく結果となった。

ホームのパリが前半だけで4点を奪うゴールラッシュを見せ、4-0と圧勝したのだ。

力の差を見せつけられたマルセイユは序盤から苦しい戦いを強いられた。左サイドバックとしてフル出場した酒井宏樹も苦闘。

前半10分に奪われた先制点のシーンでは、アンヘル・ディ・マリアにこんな幻惑ドリブルをやられていた。

キレッキレのボディフェイトで一瞬剥がされると、精度の高いボールをマウロ・イカルディに供給されてしまった。ただ、最近のディ・マリアがおそろしいほどキレているのも事実。

『France Football』によれば、大敗となったマルセイユのアンドレ・ヴィラス=ボアス監督は「私のせいだ、自分に責任がある」と述べていたそう。