ロシアの地で様々なことを経験して臨んだ2018-19シーズン。

酒井宏樹は3年目を迎えたマルセイユで27試合に出場。37節のトゥールーズ戦では記念すべきフランスでの初ゴールも記録し、サポーターが選ぶクラブの年間最優秀選手に選ばれた。

ただ一方で、チームは5位に終わり、酒井自身にとっても決して満足のいく一年ではなかったという。

酒井宏樹

柏レイソルから欧州へ旅立ち、はや7年。

今年29歳になった日本代表DFに、昨シーズンのパフォーマンスやフランスサッカー、さらにマルセイユのお勧めスポットなどを聞いた。

(取材日:2019年6月17日)。

「一度きりだとすれば、貴重なシーズン」

――ドイツのハノーファーからフランスのマルセイユへ移籍し、3年が経ちました。まずは2018-19シーズンはどんな一年でしたか?

結果的にうまくいきませんでしたし、タイトルも掴めなかったですけど、自分にとっては貴重なシーズンでした。

プロになって初めてうまくいかなかった一年と言えますし、「リーグ5位」で批判されるチームというのもキャリアで初めてでした。それが個人的にはすごく新鮮で、そういった中で何ができるかを日々考えながら過ごしていたので、一度きりだとすれば貴重なシーズンだったかなと思います。

――結果が出ない中でかかるプレッシャーというのも、これまで経験してこなかったものだった、と。

そうですね。プレッシャーがあるというのは選手にとってすごく幸せなことですし、それを改めて体感できたことは良かったです。