セリエA9連覇を目指すユヴェントスはパルマとの開幕戦に0-1で勝利した。

クリスティアーノ・ロナウドの際どすぎるオフサイドゴールも話題に。

こりゃミリ単位のオフサイドだ…。

その開幕戦ではオランダ代表DFマタイス・デリフトに出番はなかった。キエッリーニとボヌッチが起用されたため、出場機会がなかったのだ。

『NOS』によれば、オランダ代表のクーマン監督は「代表にとってはあまり時間がかかるべきではない」と述べていたそう。

ロナルト・クーマン(オランダ代表監督)

「彼には時間が必要だ。だが、あまりに長くかかるべきではない。

2週間前に彼と話した。プレースタイルと守備のやり方に適応する必要があると言っていたよ」

「デリフトは試合をプレーしなければいけない。

ただ、彼のクオリティを考えれば、そうなると思う。我々は待たなきゃいけない」

適応できればプレーできるはずとしつつ、もしこのままならば代表に影響するという思いもあるようだ。

ちなみに、元オランダ代表ラファエル・ファンデルファールトは「(ユーヴェよりも)バイエルンのようなクラブで彼を見たかった」と述べていたそう。