レアル・マドリーと契約を結んだ久保建英。彼が当面プレーするとされるカスティージャを率いているのは、あのラウール・ゴンサレスだ。

センスあふれるレフティだったラウールは正真正銘のレジェンド。そんな彼は『UEFA.com』のインタビューでこんな話を口にしていた。

ラウール・ゴンサレス

「(自身が幼い頃は)フットボールスクールはなかった。

人々は公園やストリートでプレーしていたんだ。学校の休み時間になると遊び場で友達とプレーしたよ。

人々はいたるところでプレーしていたんだ。とても違った世界だったね。

よく母が食事だと呼びにきたけれど、(家に?)入りたくなかったね!」

「家でも常にフットボールをしていた。

(最初にクラブに入る)11歳までは、ストリートでの友達とのプレーでフットボールを学んだよ。

プレーする友達がいない時には壁に向かってボールを蹴った。壁は親友だったんだ。

いいシュートだとボールは自分に戻ってくる。悪いシュートだとボールをとりにいかなくちゃならない」

【関連記事】レアル・マドリー公式が作った!久保建英の「神プレーまとめ」が最高

ストリート育ちだというラウールにとって、壁当ては技術を鍛える大事な練習になっていたようだ。