レアル・マドリーのレジェンドで、昨年現役を引退したラウール・ゴンサレスが最強のドリームチームを選出した。

スペイン『AS』によれば、その11人はこちら。

GK:マヌエル・ノイアー
DF:カフー
DF:フェルナンド・イエロ
DF:パオロ・マルディーニ
DF:ロベルト・カルロス
MF:フェルナンド・レドンド
MF:ルイス・フィーゴ
MF:ライアン・ギグス
MF:ジネディーヌ・ジダン
FW:リオネル・メッシ
FW:クリスティアーノ・ロナウド

キャリアの大半をマドリーに捧げたラウール。

やはり同じチームでプレーした同僚が数多くランクインしており、マドリー時代のチームメイトは6人入っている(イエロ、ロベルト・カルロス、レドンド、フィーゴ、ジダン、ロナウド)。しかし、マドリーでともに長い間活躍したイケル・カシージャスは選ばれていていない。

その代わりとしてGKに選出されたのはマヌエル・ノイアーだ。ラウールはシャルケ時代、ノイアーと一緒にプレーしていた過去がある。

ラウールは他にカフーやマルディーニ、ギグスといったレジェンドを選んでいるのだが、ライバルチームでもあったバルセロナからはリオネル・メッシのみがノミネートされている。

ラウールはスペイン代表でチャビ・エルナンデスやアンドレス・イニエスタ、カルレス・プジョルといった選手ともともにプレーしているのだが…やはりそれなりの“事情”があるのかもしれない。