日本代表も招待されているコパ・アメリカがいよいよ14日に開幕する。

日本がグループステージで対決するのは、チリ、ウルグアイ、エクアドルだ。エクアドルはこのほどメキシコとの最終強化試合を行った。

そこで活躍を見せたのが、10番を背負うアンヘル・メナだ。まずは後半2分にフリーキックでゴール!

GKギジェルモ・オチョアも反応できなかったが、よく見るとDFに当たっている。

さらに、メナはコーナーキックからFWアイルトン・プレシアドの得点もアシスト(動画再生は5秒以降から~)。

エクアドルは3-2で試合には敗れたが、10番メナは確かな存在感を見せていた。

【関連記事】日本代表は中島翔哉!コパ・アメリカ「全12か国の背番号10番まとめ」

彼は1988年生まれの31歳。右サイドから鋭くカットインするドリブルが武器のレフティでシュートにも威力がある。日本も要注意の選手だ。