プレミアリーグ連覇を成し遂げながら、UEFAチャンピオンズリーグ優勝には届かなかったマンチェスター・シティ。

彼らにはファイナンシャル・フェアプレー制度(FFP)に違反した疑いがあり、UEFAからCL出場禁止処分を科される可能性がある。

そうした中、シティはUEFAの調査が不適当だとして、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えた。ただ、英紙『Guardian』は「シティのCASへの控訴は失敗する見込み」と報じている。

その理由は、UEFAのルールではこの段階で控訴に踏み切ることが認められていないためだという。

各クラブはUEFAのCFCB(club financial control body)が下した最終決定に対して控訴する権利がある。ただ、シティはまだ最終決定を受け取っていない。

【関連記事】 「マンチェスター・シティ、この夏に現金化しうる3人の選手」

昨年、ACミランが同様のケースでCASに訴えた際、この段階での控訴はできないとの判断を示されたようだ。