2016年にマンチェスター・シティの監督に就任したジョゼップ・グアルディオラ。

ここでは、『sportskeeda』による「ペップのシティが獲得できなかったスター選手」を見てみよう。

マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(現バルセロナ)

マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン

シティに着任した際、ペップはGK陣に満足していなかった。指揮官の精密なシステムにおいて、GKは攻撃の起点になるため、足元のボール扱いが要求されるのだ。

当時の正GKジョー・ハートはシステムにフィットせず、ペップはトップクリティを持つ代役探しに奔走。

第1希望は、古巣バルサにいたテア・シュテーゲンだった。だが、彼はシティ行きを固辞。

その結果、クラウディオ・ブラボを獲得することになったが、イングランドでのプレーは散々なものに…。そのため、翌年にエデルソン・モライスを引き入れることになった。