春毎年恒例のこちらの企画。今回も冬の移籍市場で「Jリーグへやって来るかもしれない外国人選手」を紹介したい。

ちなみに昨年公開した「Jリーグにやって来るかもしれない外国籍選手2017冬編・その1、その2」ではヤン・ドンヒョン(C大阪)が、「2018夏編」ではレオ・ミネイロ(福岡)、ピーター・ウタカ(徳島)が“来J”。

また過去には、ムリキ(元FC東京)、オスマール(C大阪)などのJクラブ加入を的中させている。

今回もやって来る選手はいるだろうか。熟考に熟考を重ねた総勢18名。ぜひご覧ください。

リッカルド・モントリーヴォ

リッカルド・モントリーヴォ

Riccardo Montolivo

国籍: イタリア
ポジション: MF
年齢: 33歳
所属: ACミラン (ITA)

精密機器のような正確なパスで中盤からゲームをコントロールするイタリア・サッカー界屈指のレジスタ。

ミランでは主将として活躍していたが、近年は故障もあり出場機会が激減。現在まで満足した成績を残せずにいる。

ミランとの契約は2019年6月までだが、それよりも早く新天地を求める可能性が高い。

スター性は抜群であり、Jへやって来た際はルーカス・ポドルスキ、アンドレス・イニエスタ(ともに神戸)、フェルナンド・トーレス(鳥栖)らと同様「大物スター選手」として話題を呼びそうだ。

【Jに来るかも知れない度】★★★

【Jで活躍するかもしれない度】★★★★