今季、ブレーメンに移籍して大迫勇也と同僚になったオランダ人MFデイヴィ・クラーセン。

デイヴィ・クラーセン

オランダとドイツは隣国だが、あることに驚かされたようだ。『Bild』のインタビューでこんな話を明かしていた。

デイヴィ・クラーセン

「(自転車は)彼女とシェアしてるんだ。

彼女は後ろに乗っていたんだけど、警官からドイツでは駄目だよと言われてしまった。

オランダでは普通で、皆やってるんだけどね。

罰金を払うことにはならなかった。彼女が降りなきゃいけなかっただけさ。

僕は新顔だから、何がよくて何が駄目なのか分かっていないんだ。

警官からはタンデム(2人乗り自転車)を買うように言われたよ。

でも、あれは見た目が変だからね(笑)」

そんなクラーセンと大迫が先発したシャルケ戦にブレーメンは2-0で勝利。暫定ながらリーグ2位に浮上している。