昨季、プレミアリーグを圧倒的な強さで優勝したマンチェスター・シティ。

同クラブの医長であるマックス・サラ医師は、世界で最も過酷な過酷な自転車耐久レースのひとつである『Race Across America』に参加した。

同レースはアメリカ国内の12州、なんと4,800kmを走破するという超タフなものだそう。

サラ氏は障害プログラムの認知向上とチャリティのためにレースに参加。同氏は8日間で5つの州を走破し、全体の3分の2となる3,218kmを走ったものの、疲弊のために競技中止を余儀なくされた。

それでも、8万ポンド(1,165万円)もの資金が集まったとのこと。そして、これらは全額がシティの基金に寄付され、障害者支援のために使われることになるそう。