先日行われたポルトガル最大のダービー、「オ・クラシコ」。

ベンフィカとポルトがダ・ルスで激突した一戦である問題が起きていたようだ。『O Jogo』などが伝えている。

それによれば、ポルト女性ファン2人がスタジアムに入場する際の身体チェックで警備員からセクハラを受けたと訴えているという。

そのうちの1人は「ブラを見せるようにさせられて、持ち込まないようにとさえ言われた。パンツのなかにも手を入れさせられ、傷つけられた」と述べているとのこと。

この件についてポルトのディレクターも「ひどい行為」だというコメントを発表したようだ。

これが問題の行為なのかは不明だが、こんな動画がSNS上で話題になっている模様。

これを見る限り、男性ファンは男性警備員が、女性ファンは女性警備員が身体検査を行っている。ただ、かなり際どいところまでチェックしているようにも…。