ロシア代表経験を持つゼニトFWアレクサンドル・ココリンとクラスノダールMFパヴェル・ママエフに暴行容疑がかけられている。

2人は友人らと訪れたカフェでアジア系の役人を殴打したなどとされている。また、彼らがこの事件の1時間ほど前にモスクワの「北京ホテル」近くで別の人物を暴行する映像も出てきた。

『Gazeta.ru』によれば、この2つの事件を鑑みて、ゼニトはココリンとの契約を打ち切る見込みだと伝えている。

アジア系のデニス・パク氏が暴行された事件については、すでに警察が捜査を始めているとも。