7日に行われたWBSSバンタム級トーナメント1回戦で、王者・井上尚弥がフアン・カルロス・パヤノに圧倒的な勝利を収めた。

第1ラウンドのゴングが鳴ってからわずか70秒だ。ジャプのリズムを変えて一瞬の間隙を作り出し、電光石火のワンツーパンチ。あっという間のKO劇であった。

井上尚弥の愛称は「モンスター」。便乗を得意とするQolyではサッカー界の「モンスターたち」を選んでみたぞ。

若きモンスター! キリアン・エンバペ

キリアン・エンバペ

今のサッカー界で最も凄い「怪物」といえばエンバペだろう。10代にしてワールドカップの決勝を戦い、世界王者に輝いた。こんな選手はこれまでほとんどいなかった。

圧倒的なスピードを持ちながら、さらに豊かなテクニック、冷静極まるプレーぶり、誰とは言わないが周りにそこそこトラブルメーカーがいるのにそれにも染まらない。

彼と対戦することになったディフェンダーは、70秒でKOである。