『FourFourTwo』は1日、「イングランド・プレミアリーグで、クラブのMVPといえる存在になっている10名」という記事を掲載した。

マルコ・アルナウトヴィッチ(ウェストハム)

マルコ・アルナウトヴィッチ(ウェストハム)

ウェストハムはもはや科学者たちの研究対象になっても良い存在だ。強いのか、弱いのか、それともどのあたりの立場にあるべきなのか?

しかし確かなことは、アルナウトヴィッチがプレーしている時には相手を脅かすことができるという点だ。

彼に長期的な一貫性がないことは事実であるが、ベストの状態が続けばウェストハムはこれまでと違う次元に到達できる。

フィルヒル・ファン・ダイク(リヴァプール)

フィルヒル・ファン・ダイク(リヴァプール)

昨季ファン・ダイクは「リヴァプールは自分に合う」と話した。そしてクラブの問題を解決するために大きな役割を担ってきた。

1月に彼がデビューするまでには23試合で28失点していたが、その後の15試合では10失点だった。それは偶然かもしれないが、リヴァプールを見ている人はそう信じないだろう。

守備力の欠如はリヴァプールの弱点だったが、ファン・ダイクの存在はその穴を見事に埋めた。いい匂いもするらしい。