ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉が待望の今季初ゴールを決めた。

リーグ第5節ヴィトーリア・ギマランエス戦で2ゴール1アシストの大活躍を見せたのだ。

まずは開始5分に先制ゴールをマーク。

後ろからのボールを巧みなトラップでコントロールした中島。キレのある動きでボールをキープすると左足のシュートをファーに流し込んでみせた。

この後、チーム2点目をアシストした中島は同点で迎えた後半41分には…。

相手の処理ミスから抜け出すと、見事なループシュートで鮮やかに決勝ゴール!

中島の全得点に絡む活躍で、ポルティモネンセは3-2で勝利。ようやく今季初勝利を手にした。