ワースト3:マウリシオ・ペジェグリーノ(アルゼンチン人DF)

マウリシオ・ペジェグリーノ

2005年1月、ベニテスの古巣バレンシアからフリーで移籍してきたCB。

リヴァプールでは12試合に出場したが、プレミアリーグのフットボールの速さに対処するにはあまりにもスローすぎた(スピードがなかった)。

このベテランDFは2005-06シーズン終了後にリリースされたが、ベニテスのもとでリヴァプールのコーチも務めた。