10日に行われた元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの記者会見で、今夏のサガン鳥栖移籍が公式発表された。

この会見にはサガン鳥栖の竹原稔社長も出席。トーレスの獲得に成功したことについて、以下のように話した。

竹原稔社長

「本当にハードワークをし、チャレンジし続ける。そして小さなアジアの日本という国から、世界で戦うことを真剣に考えているチームです。

そして、トーレス選手を通じてチームには飛躍的に新しい風が吹き込まれると思っています。

スペインというサッカーの強い国で成功した彼を迎えることによって、日本のファンがもっと楽しんでくれる、より良いサッカーができる道を我々は作ったと思います」

そして、この会見で背番号9のユニフォームとともに掲げられたタオルマフラーも話題に…。

「誤報じゃないよ、ほんトーレス!」「来てくれてありがトーレス!」

こんなん間違いなく売れるやつやん…。

なお、Jリーグの追加登録が始まるのは7月20日であるため、手続き上では22日のベガルタ仙台戦から出場が可能になるはずだ。

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など