『Sportskeeda』は6日、「ロシア大会が歴史上最高のワールドカップである5つの理由」という記事を掲載した。

今月15日に決勝が行われる予定となっているロシアW杯。これまでになく多くの得点が入り、ジャイアントキリングも見られる大会となっている。

この大会が歴史上最高のワールドカップであるといえる5つの理由とは?

VARの初採用

VAR ワールドカップ

1大会でペナルティキック18回。これがワールドカップの歴史上最多記録だったが、今回はグループステージだけでそれが破られた。

ベスト16が終わった段階で28回。そのうち10回がVARの審査を経て与えられたものだった。

VARが導入されたことにより、シャツを引っ張ったり肘を当てたり、ボックスの中で目立たずにやられていた闘争がPKに繋がることになった。

そしてVARは、PKを取り消すためにも使われた。ブラジルとコスタリカの試合では、ネイマールが奪ったPKが撤回された。

またレッドカードやオフサイドの判定においてもレビューが行われており、今大会はより正しい判定に近づくためのマイルストーンになった。